◆◆ 海外で活躍する有望指揮者 ◆◆           Home Page



児玉 宏  (KODAMA Hiroshi 1952年4月5日東京生まれ)

《海外でのポスト》
バイエルン州 コーブルク劇場 音楽総監督(1996-2001)
ドイツの劇場の下積みからGMDまで登りつめた日本人の草分け的存在

《最近の日本での公演》
大阪交響楽団の公演は、楽団公式サイトをご覧ください
2012年03月18日(日) 15:00 すみだトリフォニーホール
  大阪交響楽団 東京公演
  グラズノフ:抒情的な詩 作品12
  ヘンゼルト:ピアノ協奏曲 ヘ短調 作品16(ピアノ:長尾洋史)
  プフィツナー:交響曲第2番 ハ長調 作品46



《主な経歴》
1975年からベルリン国立歌劇場(旧東独)音楽総監督のオットマール・ズイトナーに師事するなどドイツ各地の歌劇場で研鑚を積む
ライン・ドイツ・オペラ(デュッセルドルフ)でコレペティトア(1976-78)
ゲルゼンキルヘン市立歌劇場の専属指揮者(1978-81)
ヴュルツブルク市立歌劇場専属指揮者(1981-85)
ミュンスター市立歌劇場第一指揮者兼音楽監督代理、ミュンスター交響楽団指揮者(1985-89)
ライン・ドイツ・オペラ(デュッセルドルフ)で第一オペラ指揮者(1989-96)
この間、南ヴェストファーレン・フィルハーモニー交響楽団の音楽監督を兼任(1991-94)
バイエルン州立コーブルク歌劇場の音楽総監督(1996-2001)
早稲田交響楽団を指揮(1991)、同響のヨーロッパツアー(1992)も指揮
桐朋学園大学音楽学部作曲理論学科・指揮科卒。指揮法を斎藤秀雄、小沢征爾に、ピアノ・作曲を三善晃に学ぶ
古今(モンテヴェルディからライマンまで)東西(三木稔からコルサコフまで)の広大なレパートリーを持つ

《ウェブサイト》
本人制作のウエブ・サイトがある。


《録音紹介》

ジークフリート・ワグナー:歌劇《異教徒の王》

Bodo : Andres Heichlinger (Bass)
Wera : Mechthild Georg (Contralto)
Radomar : Thorsteen Scharnke (T)
Ellida : Dagmar Schellenberger (S)
Gelwa : Rebecca Broberg (S)
Waidewut : Volker Horn (T)
Krodo : Andre Wenhold (B-Br)
Der Moench : Karl Schneider (T)
Jaroslaw : Adam Kruzel (Br)
Hoggo : Joachim Hochbauer (Bass)
Ein Maedchen : Beate Maria Muller (S)
Eine Magd Gelwas : Beate Maria Muller (S)
Die "Wehklage" : Christine Maier (S)
Ein Wachtmeister der polnischen Truppe : Achim Hoffmann (Br)
Ein Bauer : Achim Hoffmann (Br)
Ein Bursche : Philipp Hoferichter (T)
ゾーリンゲン・レムシャイト交響楽団  ほか
2004年10月21-24日
ゾーリンゲン・コンツェルトハウス

MARCO POLO 8.225301-03



フンメル:ピアノ協奏曲 へ長調 第1番
フンメル:ピアノ協奏曲 変イ長調 作品113

Nikolaus Lahusen, Klavier
南ヴェストファーレン・フィルハーモニー交響楽団

Koch-Schwann AULOS 3-1567-2



(2000.11.02 up / 最終追加修正 2010.10.20 )

Home Page