◆◆ 海外で活躍する有望指揮者 ◆◆           Home Page



大勝 秀也  (OKATSU Shuya 1961年東京生まれ)

《海外でのポスト》
マルメ市立歌劇場の音楽監督の任期満了後、ポストに就いていない
2006年6月 ボリショイ・オペラにデビュー

《日本での活動》
大勝秀也 写真提供:(株)東京アーティスツ
1997年から新星日本交響楽団、群馬交響楽団、京都市響、大阪フィル、新日本フィル、大阪センチュリー交響楽団などを指揮
1998年7、8月二期会「フィガロの結婚」で日本でのオペラ・デビュー
1999年6月NHK交響楽団定期でステンハンマル:交響的序曲「エクセルシオール!」ほかを振る
沖縄県立芸術大学でウチナーグチ(沖縄の言葉)の〈語り〉による「魔笛」(演出:小池哲央)を指揮
関西二期会で 2001年11月「ランメルモールのルチア」、2003年10月「ばらの騎士」、2004年11月「椿姫」、2005年5月「タンホイザー」、 名古屋二期会で 2003年9月「カルメン」を指揮
シュガーホール(沖縄県南城市)芸術アドバイザー

《主な経歴》
1988年からボン市立歌劇場音楽監督のアシスタントとして研鑽を積み、海外公演にも同行(1996)
ゲルゼンキルヒェン市立歌劇場第一指揮者(1991-)
ボン市立歌劇場第一指揮者(1994-)
マルメ市立歌劇場音楽監督(1996.7-2001)
ボン・ベートーヴェン・ハレ管、北西ドイツ・フィル、ボッフム交響楽団、リンツ・ブルックナー管、ザグレブ・フィルなどを指揮
東京音楽大学指揮科卒
沖縄県立芸術大学助教授も勤めた

《録音紹介》

バーンスタイン:「ウエストイサイド・ストーリー」よりシンフォニック・ダンス
ストラヴィンスキー:バレエ組曲「火の鳥」

マルメ歌劇場管弦楽団
1998年録音 マルメ、ストゥーラ劇場
MDBCD-48 輸入発売元=東京エムプラス

シューベルト:序曲 ハ長調 D.8A
  5つのドイツ舞曲と7つのコーダ付きトリオ D.90
モーツァルト:セレナーデ ト長調 K.525
  セレナータ・ノットゥルナ ニ長調 K.239

シュトゥットガルト室内管弦楽団
1994年2月14-16日 ルートヴィヒスブルグ録音
DISCOVER DICD 920217(コッホ・ディスカバリー)

《ウェブサイト》
未見
(公式サイトを見つけた方、ファンサイトをお作りになった方はご一報下さい)

(2000.11.20 up / 追加修正記録 2001.2.6 / 2.17 / 10.28 / 11.27 / 2002.5.13 / 6.22 / 2003.3.10 / 2004.1.3 / 11.20 / 2005.4.28 / 2007.11.17 )

Home Page